Excelでの表計算は多くの職場で今や「必須の科目」となりつつあります。
関数を覚える必要性も多くの方が感じ、勉強されてます。

しかし VBA でマクロを組んで業務の効率化ができる方はまだまだ少ないようです。

 Access にいたっては使いこなされる方は、非常に少ないようですね。

Access のデータベースを理解し VBA で仕事のシステムを作ってみませんか。

Access パワーに驚嘆されるに違いありません。

「こころや一人塾」はそうしたことをお伝えするブログです。

このブログはこんな方々に

 このブログは次のような方々にお読みいただきたい内容になっています。

・Excel VBA や Access VBA の勉強をこれから始められる方々

・過去に VBA に挑戦しながら、途中でギブアップされた方々

このような方々にお読みいただきたいブログです。

 私は VBA は勿論のこと、パソコンの知識全くゼロの状態、つまり超初心者からのスタートでした。

それから今日まで一人で学び続けております。

ですからその経験談も織り交ぜながらお話ししていこうと思っております。

難しい理論や用語の定義といった話は皆無ではありませんが、極力カットです。

その前に、私はそこまで突っ込んだ理論や用語の定義がプログラミングに必要とは考えていません。

ある程度の理屈を理解すれば、プログラムは作れます。

旅客機の自動操縦や人工衛星用のプログラムを作るなら話は別でしょうけど・・・

 プログラムの超初心者が、VBAの難しい理論や定義を先にマスターしようとすることが、結局は障害になっている。

私は経験上、それを強く感じました。

それよりも VBAでソフトを作って、思い通りに機械を動かすこと。

まずは「作って動かすこと」にフォーカスします。

そうすれば今の仕事が飛躍的に効率化します。

VBAの楽しさとその喜びを肌で感じることできます。

VBA習得のコツは ”作って動かすこと!!”

 これからVBA を自分のものにしたいと思っている方々に先に結論を申し上げます。

「できます!」
「必ずできます!」

VBAでのプログラミングを実践するにしたがって、理論や定義は自然に身についていきます。
慣れ親しむに従って自然にイメージングされ、理解されていきます。

まずは作って動かすことが一番です!!

このブログの起稿理由とその目的

「私のプロフィール」にも書いておりますが、私はVBAプログラミングを学ぼうとして挫折した経験があります。

しかも一度や二度ではありません。

プログラムの学校には行ってません。

プログラマーと言われる人からの指導も受けたこともありません。

自慢するわけではありませんが、本を頼りに全てが一人でした。

それだけに多くの時間を必要としました。

回り道というムダをたくさん経験しました。

しかし今思えばその”ムダ”も大きな力になったと思っています。

そうした背景から私はこのブログを書くことにしました。

理由は二つあります。

一つは
これから VBA プログラミングを学ぼうとされてる方々に、

「これだけは知っててほしい」

「これを知って勉強すれば、VBA攻略は楽しいです」

ということをお話しておきたい。

それがヒントになって、その人の新たな勉強法の発見になるかもしれない。

そんな思いがその理由の一つです。

もう一つは
「私の VBA 攻略の軌跡を自分のためにもブログに残しておきたい」
という理由です。

これから先、私自身がこのブログを読み返してみる。

そうすれば

「当時の自分の頑張りを思い出すと同時に、スキルの変化がわかるのでは・・」

といった思いがが背景にあります。

このブログでお話しすること

 できるだけ平易にわかりやすく書いてまいります。

それでもいろいろ疑問を持たれると思います。

その時は遠慮なく質問してください。

そして是非とも VBA プログラミングの楽しさを知ってください。

勿論、物事全てがそうであるように、VBA と言えども奥は深いです。

まずはこのブログでお伝えすることはデータベースを含めあくまで基礎の部分です。

基礎の基礎と言ってもいいのかもしれません。

VBAの第一ステージ・入門ステージとお考えください。

されどそれだけでも仕事で使えるプログラムはしっかり作れます。

そうすれば次なる第二ステージにはすぐに入れるはずです。

第二ステージになればもっと簡単に更なるレベルアップを図れるはずです。

初めての勉強、基礎の勉強は飛行機の離陸に似ていると思います。

飛行機は速度ゼロの状態から急加速して離陸します。

ですからその間に一番多くの燃料(エネルギー)を必要とします。

プログラミングも同様です。

何もわからない状態から、まがりなりにもコンピューターという機械で物事を処理しようするのです。

・勉強しなければならないこと

・理解しなければならないこと

・実際に試行錯誤しなければならないこと 等々

たくさんあって多くの「頑張り」、多くの「エネルギー」が求められます。

一番時間がかかり、一番大変な期間になります。

しかしここは決して避けて通れる道ではありません。

でもその大変さは苦しみではありません

やり方・考え方をちょっと変えれば「大変さ」は「楽しさ」でもあります。

そのことをお伝えしたいのです。

ゆっくりでもいいです。

一歩一歩進んでみてください。